依存症のためのヨーガ

すとぉりぃでは、リハビリテーションのひとつにヨーガを取り入れ、週1回実践しています。

1.はじめに

ヨーガとは

 ヨーガの語源はサンスクリット語の「結ぶ」という意味の動詞である、『YUJ』を語源としていると言われます。後に馬車と馬をつなげておくくびき(軛・英語でyoke)がYOGAとして文献にのこっています。古代インダス文明には、ヨーガの坐法で座る神の像が出土していることから、その起源を5000年前にさかのぼる人もいます。いずれにしろインドでは古くからアーユルヴェーダ、すなわち『生命の科学』と、裏腹の関係にヨーガがおかれ、インド思想、医学の深まりとともにさまざまな修行法、健康法として発展してきました。現在では全世界に求道者、愛好者が広がり、痩身法やセラピーとしてのヨーガも広まっているのはご存知のとおりです。

五感の主としての自分

 人間の身体は生きていくために『依存』が必要です。このことに鋭いまなざしを向けたのが、昔のインドの賢人たちでした。五頭立ての馬車を御者が走らせている図がよく人間の存在を説明するのに使われます。五頭の馬は五感、そして心が御者、五感と心を結び付けておくものがヨーガであるという理解です。五感はそれぞれに自分の欲を満たそうと必死です。ときに一頭の馬が空腹を感じ、満足を知らずにひとつのことに耽溺してしまうと、馬車そのものがさまよってしまう結果になります。だからこそヨーガで五感をしっかりと自分にひきつけておいて、人生の目標をしっかりと見据えることの大事さが力説されます。

ヨーガの人間観

 また、人間の本性は霊性であり、その源はひとつであるというのもヨーガの根本的な哲学です。さまざまな制約がすべて脱ぎ捨てられたときには人間は霊性として満ちたりた存在であるという人間観です。その考え方に立つと、肉体が整い、心理上の抑圧的な条件付けをはずしてあげればそこには幸せと平和と満足が残るとされます。

依存症対策の開発の試み

 依存症、特にアルコール依存症は、予後の悪い精神病です。多くの患者は自らをアルコール依存症と認めるまでに長い時間をかけて、それまでに築いた家族や財産、仕事上の信頼などほとんどを失って入院します。退院後はアルコールでダメージを受けた心身に孤独と生活苦を背負っての闘病生活を余儀なくされる場合がほとんどです。世間の依存症にたいする無知がさらに自立へのハードルとなり、生活保護をうけてこのすとおりぃのような中間施設に通う患者が多くいます。アルコール依存症に対しては、ダメージを受けた内臓に対する内科的処方と、抗酒剤を服用する精神科的処方が基本で、どちらも投薬が現在の一般的な療法です。さらに毎日のように行なわれている依存症患者同士の集い(断酒会、アルコールアノニマスなど)に参加し、お互いの絆を深め、全員で断酒を続けていくということで再びアルコールの深い霧の中に彷徨いこまないようにすることも大きな治療法になっています。 2000年、依存を起こした心理的、肉体的経緯を冷静に見つめて、その本質を理解し、より高次の自分によって肉体、そして心を自分の目指す方向へ動くように促すというヨーガの見地にたって、ヨーガが依存症患者の自立に有効に作用するのではないかという期待とともに、当時スタッフであった川崎あきこさんによるヨーガプログラムが始まりました。(現在は整体師であり、断食の研究家である秋田祥一さんと当欄の筆者である友永ヨーガ学院の友永乾史が講師としてヨーガプログラムを担当しています。)肉体が整い、呼吸が整い、心、つまりマインドが整えば自立への手がかりになるのではないかという仮説に立ってのスタートです。

2.日本財団の事業に選ばれる

 ヨーガが依存症の克服に役立つのではないか。こんな仮説を立てたものの、限られた予算ではできることにも限りがあります。ある程度定期的に一緒に身体を動かし、身体と心を見つめ、日々気をつける事柄やよりよい食事について通所者に伝えていく必要があります。ヨーガがある生活が当たり前(敢えて言い換えれば、ヨーガに依存するよう)になれば、依存症ともうまく付き合っていけるだろうと考えました。少なくとも月に2回のヨーガプログラムと、最低1年に一回の合宿と断食はしたいというのが願いでしたが、そう簡単に財源を確保できそうにありません。

 依存症そのものがもたらす社会的なロスを考えれば、依存症のためのヨーガを模索していくことは公益にかなうことです。広く社会に奉仕する団体に資金を援助している日本財団に相談をすると検討をしてくださるとのお話を頂きました。

 ただし、援助を受けるためには、すとぉりぃの通所者だけでなく、広く社会一般にこの事業の成果が還元されなければなりません。そこで、私たちは相談の上、「依存症克服対策の開発」という目標を掲げ、このヨーガプログラムをできるだけ広くの方々に知ってもらうための、依存症で苦しむ多くの方々に実施してもらえるための計画を立て、日本財団に申請を行いました。

 広がる依存症の被害、そしてその結果としての家庭の崩壊、そして地域のコミュニティーの危機を理解していただき、幸運なことに助成事業として認められ、年間の予算の大部分を援助していただくことが決まりました。

 日本財団より大方の財政的援助を頂き、事業のプログラム内容に関しては、友永ヨーガ学院が蓄えてきたノウハウを元に、このプログラムの講師の秋田と友永で練り上げ、実施にあたってはすとぉりぃのスタッフの皆さんに最大限の協力を頂くという、三者での協力体制でここまでプログラムを展開してきました。

依存症患者の自立にヨーガが役立つのではないかという仮説をたてた理由をいかに述べます。

・内蔵機能への貢献:アルコールやストレスなどでダメージを受けた臓器を、ゆっくりと動かし、ひっくり返し、ねじることで血行をよくし回復を早めます。

・体力アップ:度重なる入院や不規則な生活によって大きく落ちてしまった筋力を有酸素運動によって強く持続力のあるものにします。

・毛細血管の強化:身体の末端を良く動かすことで、アルコール依存症が引き起こしやすい糖尿病の合併症である、末端の血管の障害、神経の障害を防ぎます。

・心身のバランスアップ:さまざまな内臓疾患を抱える依存症患者は、重い倦怠感にさいなまれます。また依存症に陥っていく過程で家族と離れる場合が多く、独居の患者がほとんどです。孤独と体力と気力のダウンもあり、うつ症状が出やすくなります。深い呼吸で身体を動かすことにより脳内の快感物質やホルモンの分泌が正常化され、さらには自律神経のバランスが高まり症状の緩和につながるのではないかと考えます。内蔵機能と体力がアップするに伴い、心身のバランスが整っていくのではという期待です。

・食事の変化:希望者のみを対象に、ヨーガをしながら一日断食を行って、食生活がよりよいものに改善していけばさらに自立に効果があるのではないかと考えました。栄養が偏りがちで、内臓に負担のかかる普段の食生活から、旬の野菜中心の献立を好むようになれば内臓も休まり、患者の解毒力、排毒力が高まって回復に役立つのではないかという期待からです。

この仮説を実証するにあたり、より確かなヨーガを通じての依存症克服方法を確立できればと、日本財団の助成事業へ応募したところ、この公益性を評価くださり、2006年の4月より『依存症克服対策の開発』プログラムが始まりました。すとぉりぃに通所する患者(以下メンバー)を対象に、すとぉりぃのスタッフもヨーガを一緒に習いながら全面的にバックアップするという体制です。

概要は以下のとおりです。

3.1年間のプログラム

2006年の4月から1年間、主にはヨーガのレッスン、2回の禅寺での合宿、そして1回の断食講座を行いました。

1)ヨーガのレッスン

4/6、4/27、5/11、5/18、6/1、6/15、7/6、7/20、8/3、8/17、8/31、9/21、10/10、10/19、11/2、11/16、11/30、12/14、1/11、1/18、2/8、2/22、3/8、3/29の24回、毎月二回のペースで実際に身体を動かしてヨーガの実習を行ないました。手足、首の末端から動かし、徐々に身体の中心を柔らかくしていく、ゆったりとした動作の連続です。秋田講師による二人ヨーガのプログラムを挟んで、季節に応じた呼吸法を行なったのちに、しばらくの間瞑想を試みるという、合掌に始まり合掌に終わる1時間のプログラムです。

会場は近所の区民施設で行い、予約が取れない場合は大家さんのご好意によってお借りすることができた作業所の隣の部屋で行ないました。

【近所の区民会館にて:ネコのポーズのコツは吐く息でおへそを覗き込むこと】

2)ヨーガと禅の合宿

第一回 7月9日(日)〜10日(月)飯能市 正覚寺にて  参加者総数 14名

普段行なっているヨーガ実践の復習に加え、住職の石井早苗師のご指導による座禅、お勤め、作務等 禅寺での生活を体験しました。実施後の参加者の感想においても、初めての体験だったので新鮮だったとか、都会とは違った自然環境の中での体験は心地よかった等の前向きなものが目立ちました。

第二回 9月10日(日)〜11日(月)飯能市 正覚寺にて  参加者総数 16名

第一回と同様に座禅、お勤め、作務等の実践に加え、10月に予定されていたアル施連フェスティバルに向けて、当日舞台上で行なう演技の練習に時間を費やしました。その結果、10月10日に大田地域センターにて開催されたフェスティバルにおいては、観客席で見ている他の施設の人たちも一緒に動けるものなども導入し、練習した演技を披露したところ、他の施設のメンバー、スタッフからも、ヨーガに興味を持ったとか、普段どんな実践をしているのか聞かれるなど、大いに関心を示してくれました。

3)ヨーガ断食講座

3月12日(月)〜3月16日(金)共同作業所すとぉりぃ2Fにて  参加者総数 6名

 参加者の内訳はメンバー3名、スタッフ3名でした。参加者全員が、断食は初めてのため事前に、一人一人に対して入念なカウンセリングを実施し、断食プログラムの基本的なこと、実践する時の心構えなどをレクチャーしました。実践プログラムに入ってからは秋田氏が連日、来所し、ひとりひとりにアーサナ(ヨーガ体操)の実践、減食、復食の実践を一日5時間以上かけて指導しました。尚、3月15日には、日本財団 長谷川様が視察にいらっしゃり、アーサナの実践を一緒にやっていただきました。 実践の期間が終了した後は、一人一人の体調にいろいろ変化が現れ、一時的に体調不良に陥った参加者もいましたが、多くの参加者は断食により下がった体重を維持できたり、身体の中の老廃物が出て、すっきりした感じになった、食べ物の嗜好が変わり、脂っこいものや、刺激の強い食べ物を好んで食べなくなった等、身体がより健康になってゆくことを実感しており、依存症の回復にとって役立つ手がかりが得られたような感触がありました。

 1年間を通しての感想を抜粋して掲載します。ヨーガをすることによって変わったことを中心に書いてもらいました。

Oさん 50代 男性

  • 元来、関節が固く、(特に股関節の部分)、時々痛みを伴う事もありましたが、現在はそれも緩和されてきた様です。
  • 精神的に安定した生活を維持できるようになったと思います。

Oさん 60代 男性

  • 自律神経失調症の為、手足がしびれていたが手のしびれがとれ足も足先だけになった。
  • 通所している人々とのチームワークが良くなった。
  • 良く寝れるようになった。
  • もう3カ月で65才になります。年相応のプログラム(5〜10分間)があればと思う。

Oさん 50代 男性

  • ヨーガレッスンについて、私の足の末梢神経もう少し具体的に少しレッスンしてほしい。合宿では、心身共にとてもリラックスできました。
  • 私には二人の子供(長男、長女)がいるのです。一月に1度ぐらい会食した際、ヨーガをしていると言ったらとても驚いて、でも体に良いので継続した方が良いと言いました。
  • 断食は出来ませんでしたが、朝、昼、夜、きちんととっています。Dr.からの睡眠薬で、1日7時間は床についています。ヨーガのひねりのポーズで便秘の方は直りました。
  • 個別指導の時間があればもっと良くなると思います。残念ながら月2回なので出来れば毎週1度したいです。

Kさん 50代 男性

  • 合宿に参加し、自分のこれまでの実家や身内との関係を考えることが多くなったので良かったです。入浴後など(自分で)身体のマッサージと、短い時間ですがヨーガっぽいことをやっています。左足の親指の痛みが無くなったが、今度は右足の同じところが痛いです。
  • 家族にお彼岸などにお供え物を送るようになりました
  • 夜間のおやつを食べる時間、量を気にする様になりました。

4.ヨーガと禅の合宿

平成18年7月9日(日)から7月10日(月)

平成18年9月10日(日)から9月11日(月)

緑深い清流の傍らに建つ、飯能市上名栗の正覚寺さんにお世話になりました。三食とも奥様が作ってくださるおいしい精進料理で、早朝にはもちろん座禅の時間もあります。メンバーの中には不安もあったようですが、二回とも手ごたえのある反応でした。

 参加したメンバーの感想

 *Kさん 50代男性

  全体としてゆったりとしたスケジュールだったが、もう少し自由時間が欲しかった。

  座禅の時間、作務の時間をもっと取ってもらい無になりたかった。精進料理はおいしかった、またその作法も聞けてよかった。川沿いの散歩は自然に触れることが出来、リフレッシュ出来ました。

 *Jさん 50代男性

  一泊の研修に行き、今まで自分がわからなかったことがわかってきて良かったと思う。  これからもこのようなプログラムをやって欲しいと思う。

 *Sさん 40代男性

  行くまではきつくて大変かなと思っていましたが、実際に行ってみると、以外にゆったりと時間が流れ、とてもくつろぐことが出来ました。今回と同じようなプログラムをまた企画してもらいたいと思います。

 *Oさん 50代男性

  参加する前は、気が重かったです。理由としては当日が日曜だったこと、初めての場所だったこと、プログラムの内容に不安があったことなどでした。しかし実際に参加してみて、皆と一緒に過ごしてみると、気分はほぐれ楽な気持になりました。座禅も始めての体験でしたが、自分が想像していたよりも落ち着いてやれ、鳥のさえずりや、雨の音を聞きながらの座禅はとても心地よかったです。また、ヨーガを実践する時と、お経を唱える時の呼吸法に共通点があるとは驚きでした。

 *Uさん 40代男性

  参加する前は、ヨーガの研修、さらに場所が禅寺ということで拒絶感があったが、実際に参加してみると、考えていたほど難しいものではなかった。スケジュールも無理なく組み立てられていたように思う。ヨーガの実践、禅寺ならではの生活、フリータイムのバランスが良かったようにおもう。久しぶりに味わえた気持ちよさがあった。次はどういう研修になるのか楽しみにしている。

 *Uさん 60代男性

  普段生活している都会を離れ、飯能の駅から一時間もバスに揺られ、郊外の素朴な土地に身を置きとてもリフレッシュできた。禅寺の境内は本当に静かで、お風呂に入っていてもとても気持ちよかった

 *Kさん 60代 男性

  初めて禅寺に行き、座禅を体験しました。心がとても落ち着き何か生き返ったような気持になれました。ヨーガの90分、座禅の30分がとても短く感じられ、静寂の世界を感じられました。また一緒にやっている仲間たちの姿もとてもりりしく見え、口々にまた来たいと言っていたのが印象的でした。和尚さんの法話もすばらしく心に残るものでした。自然の中に身を置くことは自分の人生に於いて最高の時間を過ごしていることだと実感しました。

 *Aさん 40代男性

  今回初めて、ヨーガと禅の合宿を体験しました。初めて食べた精進料理はとてもおいしく、食べる時の禅寺での作法を聞き、普段あまり気に留めていなかった食の大切さを教えられたようでした。ヨーガの90分のプログラムもとても短く感じられ、今回参加できなかったメンバーも一緒に来ることが出来れば良かったのにと思いました。ヨーガの時間に先生が一人一人に個人指導をしてくれたのもとてもありがたかったです。座禅も始めての体験でしたが、和尚さんのおっしゃった無の境地にはとてもなれず、足がしびれただけでした。

 *0さん 40代男性

 都会から離れた自然環境の中、また静かな雨の中でのヨーガ、座禅、法話はとても気持ちよかったです。翌朝の作務としての庭掃除、散歩、座禅もとてもすがすがしかったです。食事の時に黙ってひたすら食べるということが、作法だからしょうがないとは言うものの、ちょっと寂しかったです。

都心は何かと飲酒への誘惑も多く、ストレスが溜まり勝ちです。多くのメンバーに自然の中で、深い呼吸を行い、体を動かし、自らを座らせる心地よさを味わってもらえました。本来の自分に立ち還ることができれば回復、自立も進むだろうという期待があります。飯能の先の秩父で生まれ育った参加者の一人は、今年の春すとぉりぃを卒業して、フルタイムでの仕事に就きました。成功を祈るばかりですが、この合宿がひとつの足がかりとなったのであれば嬉しい限りです。

5.ヨーガ断食の体験

アルコール依存症患者は内臓が疲弊しているが、それまでの食生活ではお酒が中心であったということもあり、高カロリー、高たんぱく、油が濃く極端な味付けのものが好物というケースが多く見られます。食生活の改善が重要であるという認識はあっても、なかなか生活習慣を変えるのは難しいことです。

内臓を休ませ回復を促す断食は古来よりあらゆる場所で行なわれてきました。ヨーガをしながら、断食を行い、体調を整え、それまでの食生活を見つめてもらうきっかけになるのではと、五日間の断食プログラムを設けました。退院から6ヶ月が経過し、主治医の許可を得られた希望者(3名)に行なってもらいました。平成19年3月12日から二日間の減食、1日の断食、そして長い復食の期間を設けました。初日から5日間はヨーガの実習も行ないました。

以下にあるメンバーの日記を掲載します。

3月11日(日)減食一日目

「夜、やや多く食べてしまった。指定された食料を机にならべて思わず苦笑い」

3月12日(月)減食二日目

「身体が軽く感じられるが固い」

3月13日(火)減食三日目

「食へ執着が出て来る。寒い。眠い。」

3月14日(水)本断食

「体重が大いに減り体が軽い。病み上がりの爽快感に似ている。」

3月15日(木)復食一日目

「身体が空になったという意識から、これから体内に入る物が毒なのか、薬なのかという選択を自分でできるという気持ちが有る」

3月16日(金)復食二日目

「玄米食が十分に重たく感じる」

3月17日(土)復食三日目

「復食の献立検討が半ば楽しみになっている。」

3月18日(日)復食四日目

「油分に対してやや神経質になっている」

3月21日(水)復食七日目

「食事がやや重めになって来る。白米飯は良く噛んで食べると満腹感を適量で得られている様子。」

 参加者の一人は処方される薬が減りました。もう一人は大きな改善にはいたりませんでした。依存症と戦いながら食欲もコントロールすることはとても難しいということが分かりました。決して万人に安全というわけではない断食ですので、今後どのようにこの結果を生かしていけるか検討していきたいと思います。

6.これからの課題

・メンバーの皆さんが毎日できるプログラムの開発

 月に2回のレッスンでは、多くのメンバーが気持ちよく身体を動かせるようになったと思います。これを毎日、10分でも行ってもらうことが重要です。身体を動かすと気持ちが良いということは判ってもらえたと思うので、あとは毎日続けることによる自分の身体と心の変化を感じ取ってもらえるように、一人ひとりに短時間のプログラムをお渡しする予定です。

・メンバーの皆さんの食生活の改善

 肉体は食べ物から出来上がります。その肉体が重過ぎたり、どこかが痛ければアーサナ(身体を動かすヨーガ)を心地よくできません。これまでも断食講座や合宿などの機会にできるだけお話をしてきました。消化がよく、自分の身体が必要とする栄養のバランスのとれた食事をとってもらえるよう、さまざまな機会に語りかけ、実感できるように工夫していきます。

・ほかの試みをされている方との連携

 限られた予算と時間での取り組みなので、ヨーガなど、内なる生命力を高める方法で依存症に対処している他団体と交流を深めて、より普遍的な依存症対策を確立していきたいと思います。

ご意見、ご感想、ご質問を歓迎します。メールをいただければ可能な限りご返事申し上げます。

運営に関して すとぉりぃ 国谷宛 npo-story※nifty.ne.jp

プログラムの内容に関して 友永宛 k_tomonaga※tomonagayoga.org

(上記のメールアドレスは※を「@」に変更してご利用ください。)

7.講師のプロフィール

秋田祥一

 ◎生まれつきの1型・糖尿病で当時の医学では20歳まで生きられないと言われながら育ちました。

 ◎家族の協力や医療の発展、ヨーガや断食を基本とした運動療法・食事療法のお陰で数々の合併症を克服しながら今年で無事に34歳を迎える事が出来ました。

 ◎子供の頃から病気を持っていた私は体を患った人達の為に働きたいと思い高校卒業後から数々の治療院で修行をし、多くの人々の体に手を充てて癒して来ました。

 ◎ヨーガを通して息(呼吸を整え)食(飲食を正し)動(体を動かし)想(真の精神活動=魂の望むまま自由に自律的に生きて)を意識し環境を考え地球と人間の調和を図る真生活を目指しています。

 ◎整体の目的は、1血液、リンパの流れを促進させて筋肉、骨格、内臓及び、内臓の支持組織(靭帯、間膜等)の調整。2骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器を正す。3構造(筋骨格系)と機能(神経系、脈管系、内臓系)がお互いに負担をかけず協調している状態に戻すということです。

◎生活習慣や気持ちの持ち方、心の状態が一人一人、違うように個人に合ったヨーガや整体、断食を行います。

友永乾史(友永ヨーガ学院 講師)

06年友永ヨーガ学院第7期指導者養成コース卒業。現在、同院新宿御苑リトリートにて3つのクラスを受け持つ。

1)サーフィンがうまくなりたい。2)小学校のときの同級生、秋田祥一くんが糖尿病の合併症をヨーガと断食で治してしまった。3)母(友永ヨーガ学院院長の友永淳子)の影響、などなど複合的モチベーションから三十を前に友永ヨーガ学院にてヨーガを始める。

海の上や森の中にいるととても落ち着きます。都会にいるときは、ヨーガで自分の身体の自然に向き合うことでバランスをとっています。自分の身体が大自然の一部であることを感じられるように皆さんとヨーガをしてきたいと思っています。